ロゴ作成を依頼する時は見積もりをとろう

ロゴ作成を依頼する時は見積もりをとろう

ロゴ作成を依頼する場合に欠かせないものと言えば、見積もりです。サービス内容や料金が把握出来るだけでなく、他社との比較や資料としての利用など、色々な場面で役に立つので、とっておいて損はありません。寧ろ、積極的に見積もりをとり、活用することが大切になります。

ここでは、見積もりをとる利点と、その活用法について説明します。

ハンドメイド作家さん必見!ロゴ作成におすすめの方法3選

分かりやすい

見積もりには、実際にロゴ作成を依頼した場合にいくらかかるのか、どういったサービスが含まれているのかといった詳細が明記されています。顧客専用に情報がカスタマイズされているので、とても分かりやすいところも特徴です。

業者によっては、大体の目安として料金やサービス内容を公開しているところもあります。けれど、それらがそのまま当てはまるわけではありません。あくまで基準となる料金やサービス内容と言えるので、実際にロゴ作成を依頼した場合の料金やサービス内容を正確に把握することは困難と言えます。

その点、見積もりは、個々のケースにあわせ、必要な情報のみで構成されています。無駄がなく確定した情報と言えるので分かりやすいだけでなく、信頼性も高いですよ。

手元に残る

見積もりの良いところは、手元に資料として残ることです。口頭での説明になると、正式な記録が残らないので、何かあっても言った言わないの論争になってしまいます。けれど、見積もりであれば、文章として残ります。しかも、手元に残るので、何かあった時にも利用可能です。

ロゴが出来上がった際に大きく異なる金額が請求された場合や、サービス内容が勝手に変更された場合など、見積もりがあれば、抗議しやすくなるのではないでしょうか。相手側が隠したり、誤魔化したりといったことが出来ないので、何かあった場合の保険としても、見積もりをとり、手元に残しておくことは大切ですよ。

検討出来る

一旦、見積もりをとってしまえば、好きな時に好きなペースで検討することが出来ます。じっくり内容を検討することはもちろん、不明点や疑問点を洗い出すといったことも可能です。しっかりと情報を精査するためにも、見積もりはピッタリの資料と言えるのではないでしょうか。

ロゴ作成は、大きな金額が必要になることも少なくありません。後悔しないためにも、じっくりと検討したいですよね。サービス内容を把握するには、業者から話を聞くことも大切ですが、限られた時間内に相手が主導権を握っている状態ではなく、好きな時に好きなペースで検討を行うことが必要ではないでしょうか。

業者の説明を補完するためにも、サービス内容を検討するためにも、見積もりは欠かせない資料になりますよ。


比較出来る

1社からの見積もりで出来ることと言えば、サービス内容や料金の把握です。けれど、複数社から見積もりをとれば、他社との比較が可能になります。サービス内容が全く同じなのに、料金だけが違うといったことはありませんよね。

多かれ少なかれ、何かしら違いが出るものです。1社の見積もりを見るだけでは気付かなくても、他社の見積もりと比較すれば、違いは分かりやすくなります。そういった違いを見つける中で、必要なサービスやサポート体制が明確になることもありますし、業者選びのヒントになることもあります。

見積もりを比較することで得られる情報は、意外と多いものです。しっかり活用し、情報を整理することがおすすめです。尚、業者が異なれば、見積もりのフォーマットも違いますので、単純に比較することが難しい場合もあります。

けれど、よく確認すれば同じような内容が書かれているはずです。特に、デザインの提案数や修正回数といった部分は明記されていることが殆どですので、しっかり確認しましょう。

多少の手間はかかるかもしれませんが、複数社の見積もりを比較し、違いを検討することはとても役立つのでおすすめですよ。

見積もりをとる時の注意点

見積もりをとる場合は、出来るだけ具体的な条件を提示することが大切になります。具体性がない場合、基準として用意されている料金形態やサービス内容が書かれただけの書類になってしまい、個々のニーズにあわせた見積もりとは程遠くなってしまいます。

これでは、せっかく見積もりをとっても、意味がありません。寧ろ、見積もりはとったものの、いざロゴ作成を依頼した場合、見積もりとはかけ離れた金額が請求されるといったことになりかねないので注意が必要です。何も決まっていないし、何も分かっていないので、とりあえず標準的なサービスや料金が知りたいという場合には良いかもしれません。

けれど、正式な依頼をする前に、必ずもう1度、具体的な見積もりをとるようにしましょう。見積もりをとる目的の1つは、サービス内容と料金の把握です。実際の利用にあわせた形でなければ、せっかく見積もりをとっても活用出来ないので注意が必要です。

また、見積もりは複数の業者からとることが大切です。どの業者に依頼するか既に決まっており、何があっても変更しないという場合には、複数の見積もりをとることは必要ないかもしれません。けれど、そうでないなら、複数社から見積もりをとるようにしましょう。

比較し、活用するためにも、最低でも2社以上から見積もりをとることがおすすめです。尚、見積もりをとる時は、全ての業者の見積もりで条件を揃えることがポイントになります。ある業者には、ロゴのデザイン提案を90案程度、修正は無制限とした見積もりをとり、違う業者にはロゴのデザイン提案を30案程度、修正は3回までとした見積もりをとったとします。

前提となる条件から、前者の方が料金は高くなるのは明白です。サービス内容も料金も違えば、この2つの見積もりを比較することは難しくなりますよね。見積もりの出し方やフォーマットの違いから、多少条件が変わってしまうこともあるかもしれませんが、比較し活用するためにも、見積もりは出来るだけ条件を揃えてとることが大切になります。

見積もりを活用しよう

ロゴ作成を依頼する際は、事前に見積もりをとることが欠かせません。サービス内容や料金をしっかりと把握出来るだけでなく、業者選びや必要なサービスを見つける上でも役立つので、手間かもしれませんが、見積もりはとるようにしましょう。

尚、見積もりをとる時のポイントは、出来るだけ具体的な条件を提示すること、複数社からとりよせることの2つです。